足よりも頭を使え!保険営業「成功の黄金律」

grules

appli02_red

営業というと、訪問営業や店舗営業、法人や個人といった違いはありますが
こまめに足を運んで、誠意を見せて契約を取ってくるものだといった具合に
身体と話術で営業成績を伸ばすものだといった考え方が一般的です。

他の職種とは異なり、「営業」というのは成績が数字で明確に出ますから、
一定期間、営業成績が低迷すると自動的に解雇されるといった仕組みを採用
している会社も珍しくありません。

逆にいえば、常にトップセールスを維持できていれば、どれだけブラックで
あっても「金の卵を産む鶏を絞め殺す」ことは珍しいでしょう。

実際には、勤続年数が一定期間をすぎれば、どれだけ優秀な営業マンでも、
無理やり解雇するブラック企業もあります
ので、必ずとは言えません。

経営者が遊んで暮らせる程度に稼げれば、それ以上は税金の負担が増えると
いうこともあって、売上をアップさせようとも思わないオーナー企業も多く
仕事を無理に増やしてくるので迷惑な奴だといった具合にトップセールスを
クビにしてしまうわけです。

トップセールスともなると、稼いできた金額に応じた給料を求めてくること
が一般的で、経営者のコンプレックスに触れるという点もあるでしょう。

話が脱線しましたので、元に戻しましょう。

さて、保険営業というのも「一生懸命頑張っても、なかなか成果が出ない」
セールスの一つ
です。

保険会社のセールスは人員の入れ替わりが激しく、定着率が悪いことで知ら
れていますので、多くの人が挫折していくわけです。

その一方で、安定して上位の成績を残している人もいるわけですが、なにが
違うのでしょうか?

営業成績という数字を出す「行動や方法」を知っているかどうかの違いです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ