【Evil Youtuber Subject】コピペで著作権侵害を避けるグレーな方法

appli02_red

YouTubeアドセンスで稼ごうと思ったら再生回数の多い動画をアップロード
することが求められますが、誰もが一度は思うのが、再生回数の多い動画を
パクる
という発想です。

他人のアップロードした動画を丸ごとパクるという方法もありますし、人気
のあるテレビ番組やラジオ番組、DVDなどをアップロードするといった方法
もありますが、必ずついて回るのが著作権やパブリシティ権、肖像権などの
法律や損害賠償請求などの問題
です。

YouTube側でも、パクリやコピペ動画を削除したり、アカウント凍結などの
ペナルティを課しますので、YouTubeアドセンスで稼いだ金額は未払い分は
全額没収されますし、アカウント凍結が解除されずに矯正退会になることも
珍しくありません。

その一方、著作権の隙間と境界線を巧みについてグレーゾーンでありながら
安全側に立ってYouTubeアドセンスで荒稼ぎ
する「邪道Youtuber」達が
存在すると指摘するのは尾上雄二さんです。

実際にYouTubeで有名なテレビ番組のタイトルなどを検索するまでもなく、
あなたも何度も見かけたことがあると思いますが、どうして動画を消される
こともなく残り続けているのか疑問に感じたことはありませんか?

この著作権侵害のグレーゾーンを邪道Youtuberたちが巧みにくぐり抜けて
いるからこそ可能な芸当なのです。

この状況を見て「許せない」と感じるか「真似したい」と感じるかは自由だ
として、邪道Youtuberとして稼ぎたいと思うのであれば、尾上さんがその
カラクリを明らかにした上で、具体的に何をすればいいのかをマニュアルに
まとめました。

それが「Evil Youtuber Subject」です。

動画1本を作成するのに長くても30分あれば十分ですから、再生回数の多い
動画を量産していけば、報酬が雪だるま式に増えていきます。

トレンド動画と比べると、再生回数が減るスピードは全体的に緩やかですし
動画の内容にとっては安定的に作成回数を稼ぎ続ける場合もありますので、
長期的に稼ぎ続ける収益源として使えるわけです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ