【Answer Sheet System】ASSの質問に答えれば記事ができる!

appli02_red

googleが「質の高い記事」を求めていることは、これまでの度重なる何とか
アップデートや手動ペナルティの適用から考えても明らかです。

自然検索以外でも、アドワーズやアドセンスでも同様に質の高いコンテンツ
を求めていることから、世界共通のロジック以外に、日本語に特化した通称
「WELQアップデート」・「キュレーション対策アップデート」などを投入
して質の低い記事を排除しようという徹底的な姿勢は常に見受けられます。

「WELQアップデート」でインデックス削除や順位を大幅に落としたページ
に共通する特徴としては、キュレーションサイトだけに限らず、SEOを目的
とした低品質なコンテンツを数多く抱えるといった点が挙げられます。

このようなペナルティを受けなくするためには、品質の高いパクリではない
記事を作成するのが近道ですが、テーマを決めて書くにしても難しく感じる
のではないでしょうか?

アフィリエイターの富川優太さんは、「悩み」や「問題」の提示、および、
解決策をまとめた記事を作成することで、高品質な記事を作れるだけでなく
ユーザビリティの高いサイトを作るのにも役立つと指摘します。

この「解決策」を蓄積していくことで、個別の記事はもちろんのことサイト
全体の品質も向上していくわけです。

一般的には「悩み」や「問題」を調べるために、教えてgooやYahoo知恵袋
などで探せばいいと言われますが、キーワードによっては解答するのが困難
であったり、答えが見つからない場合も出てきます。

そこで、効率良く質問を閲覧して回答を作成するために「Answer Sheet
System
」(ASS)というシステムを富川さんが開発しました。

  • キーワード選定
  • 記事の作成方法
  • アフィリエイトでの稼ぎ方

という3種類の観点から説明しています。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ