【B-tube-ATLAS】自動投稿ツールはパンダアップデートに引っかかるだけ?

atlus

>>公開は終了しました<<

googleはパンダアップデートの導入によって、低次元なコンテンツを排除
することを改めて明確に宣言しました。

パンダアップデートにかかると、ペナルティを受けることはもちろんのこと
インデックスは削除されますし、アクセス数も急減します。

パンダアップデートの影響をまともにうけて売上が急減して資金繰りがゆき
つまって倒産したネットショップもありますし、少なくないSEO業者が廃業
したといわれています。

これまでの事例を見ていると、パンダアップデートにかかったWebサイトは
ほとんど復活できなかった
といいますから、そのドメインは廃棄して新しく
WebサイトをSEOスパムを用いずに作るしか無いというのが現実です。

それでは、低次元なコンテンツとはいったいなんでしょうか?
その例の一つが、ツールを使った自動投稿です。

B-tube-ATLASは、無料ブログやWordpress等に自動投稿するツールです
から、これこそ使ってはいけないツールの先頭ではないかと思う人が多いの
も当然のことでしょう。

しかし、B-tube-ATLASは自動投稿ツールであるのにもかかわらず、手動で
書いたような記事が生成される
点が、一般的な自動投稿ツールにありがちな
イメージとは全く違います。

少々ごまかそうが、結局は機械で投稿したものは全て悪だといった短絡的な
発想をする人は少なくありませんが、たとえ人間がキーボードを叩いて作成
した記事であっても、単に引用だらけでは自動投稿と同じです。

エンタメ記事のコピペと、その感想を数行といった程度では自動投稿と同じ
コンテンツだと判断されても文句は言えないでしょう。

逆に言えば、機械投稿であったとしても、しっかりと作りこみをしておけば
全く問題がない
のです。

実際に、B-tube-ATLASで投稿した記事はインデックスされますし、検索に
出てきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ