反復練習ありきは間違い!公務員面接試験「一発合格」必勝マニュアル

komuin

>>公開は終了しました<<

公務員試験の面接で不合格になるケースが少なくありません。

公務員試験では、ペーパーテストの優秀な順番に、顔合わせ的に形式的な
面接をするだけといった印象がありますが、現実は全く違うことは公務員
志望者であれば、既に知っていることでしょう。

このため、応募書類やペーパーテストだけでなく、面接対策もしっかりと
行う必要があるわけですが、公務員予備校などでは過去のペーパーテスト
偏重がたたっているのか、適切な面接対策の指導が行われていません。

面接も場数を踏んで慣れてくれば、自然と合格できるようになるといった
曖昧模糊とした指導であったり、対症療法的なアドバイスばかりを行って
いるケースも珍しくありません。

その上、コミュニケーション能力のうまい・下手は、生まれつきの才能に
よって決まるものだから、トレーニングをしたぐらいで改善できるわけが
ないといった思い込みもあり、面接対策に消極的なケースが多いのです。

しかし、公務員面接試験研究所の代表講師である相澤静さんは、模擬面接
ばかりを繰り返しているだけでは意味が無いと言います。

スポーツの反復練習を例に上げるとわかりやすいのですが、体に覚え込ま
せるために行なっている反復練習で、覚えようと考えるフォームや姿勢が
間違っていたらどうなるでしょうか?

練習を繰り返すほどに状況が悪化することは言うまでもありません。

フォーム改造に苦しむ選手が多いのは、一度体に覚えた「悪い癖」を改善
することは非常に難しいという点です。

模擬面接などでも同様です。

面接回数を単純に増やせばいいと思い、無意識のうちに「悪い癖」を反復
練習で覚えこませてしまうと、マスターしてからの修正が苦労することに
なるわけです。

そこで、面接の練習をする前に、公務員面接試験での評価ポイントを理解
した上で、話す内容がしっかり練り込む必要があります。

そこで役立つのが、公務員面接試験一発合格必勝マニュアルです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ