【ネットビジネス大百科】アフィリや情報販売などに限らない古典的名著

netdict

appli02_red

現在発売されているネットビジネスの情報商材の多くは、その手法自体は
現在主流のものを活用していますが、考え方や販売手法の多くが、ネット
ビジネス大百科をベースにしている
といっても過言ではありません。

ネットビジネス大百科のエッセンスをまとめると、以下の3行にまとまり
ます。

  • リストを集める
  • リストを教育する
  • リストに販売する

ネットビジネスにかぎらず、あらゆる商売で当然のように行われている事
ですから、別にえっ済んすでも何でもないと思ったかもしれません。

リストというと、狭い意味でのメルマガの読者数のことかと話を狭める人
もいるかもしれませんが、サイトやブログであれば、訪問者数といっても
いいかもしれません。

ブックマークに登録して、何度も繰り返し訪問してくる人などはリストに
加えても差し支えないでしょう。

メルマガでも登録解除をする人がいるわけですから、結局は似たような話
なのです。

ステップメールやメルマガとサイトやブログで異なる点としては、教育の
時間軸があげられるでしょう。

サイトやブログであれば、全てのコンテンツが既に上がった状態ですから
徐々に情報量を増やしたり、少し話題を変えるといった心理的な揺さぶり
をすることが難しい一方、ステップメールやメルマガでは可能です。

その一方で、情報商材のセールスレターなどは、いわゆる「ペラページ」
で人間心理をいろいろと揺さぶって、成約まで至らしめるわけですから、
やり方の違いはあれども求める答えは同じです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ