【PINGo】サーバー設置型ping送信ツール

PINGo3

>>公開は終了しました<<

ping送信は、検索エンジンにページを追加したことを通知する上で重要な
役割を果たします。

今更だと思いますが、ここで言うpingとは、「更新ping」のことであって、
ICMP echoを返すpingではありませんので、誤解ないようにお願いします。

現在は、pingより即時性を重視したPubSubHubbub(PuSH)といった
仕組みもありますので、pingは不要になったと思っている人も少なくあり
ません。

しかし、WordpressなどのCMSであればプラグインでPubSubHubbubを
追加すれば済むだけの話ですが、無料ブログやhtmlサイト等では手作業で
ソースを追記する必要があり、初心者には敷居が高いことは事実です。

PubSubHubbub(PuSH)は、コンテンツの不正コピー対策という観点で
も有効ですので、使える状況であれば使ったほうがいいでしょう。

googleなどの検索エンジンからしても、1つだけよりは複数の手段を用意
しておいたほうがインデックスを促進するという観点では有益ですから、
PubSubHubbubだけよりはping送信も併用したほうがいいでしょう。

ping送信というと、ブログには必ずといっていいほど記入スペースがあり
ますし、代表的なpingサーバーが既に登録されている無料ブログも少なく
ありません。

しかし、数多くのpingサーバーを設定しても、その大半は送信されること
なく破棄されます。

ping送信は、ブログやサイトを管理するサーバーの負荷が大きいのです。

そこで、多くのpingサーバーに確実に更新ping送信をしようと思ったら
専用のping送信ツールを使うほうがいいでしょう。

パソコンにインストールするタイプのpingツールと、レンタルサーバー
などに設置するタイプがありますが、PINGoはサーバー設置型です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ