【リアルマネーの虎プロジェクト】丸裸から3ヶ月で月20万~100万円稼げるように!

realtora

>>公開は終了しました<<

お金がない、人脈もない、特筆するスキルもないといった、どうしようも
ない状態に陥ったとして、あなたの場合、この窮地からどうやって脱出を
しようと考えますか?

経営に失敗して自己破産した経営者などに見られるパターンです。

大阪市に引っ越して生活保護の申請を出すというのも一つの手段ですが、
そんな悠長なことをしたくないという人もいるでしょう。

しかし、生活保護に頼るといったこと自体が、自らが奴隷身分に甘んじる
誤った答え
だというのが南原竜樹さんです。

日本国の財政破綻が目の前に見えている状態で、その財政を食い尽くそう
というのは、あまりにも見苦しいのではないかと思うかもしれませんし、
財政破綻したら、生活保護費さえ出なくなることも十分にありえます。

たとえ国家が滅ぼうとも、自らの力で稼ぐことが求められる時代になって
いるのです。

いい加減、あなたも冷静になって考えなおして、これまでの間違った常識
から目を覚まさなければいけません。

そのために、本質を見極めて正しい行動が出来る能力が求められます。

東アジア地域では好戦的な国家がにわかに増えてきた印象があります。
何かの拍子に第3次世界対戦であったり、東アジア戦争が勃発しないとも
限りません。

戦争中というのは、戦死者も大量に出ますし、被害も甚大です。

しかし、太平洋戦争直後の状況を振り返ってもわかるように、戦後直後の
荒廃地で商才を発揮して、一大勢力を作り上げてきた人たちは、戦前から
富裕層であったというケースは、旧財閥系を除けば少数です。

ソニーにせよ、松下(パナソニック)、トヨタやホンダなど、現在の名門
企業は、本質と行動を持ち合わせた経営者がいたからこそ実現できたわけ
です。

「~が足りないから」といった発想では実現できません。

どのような状況であってもサバイバル出来る能力を身につければ、なにも
恐れることはなくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ