【SEO Pro 3000】ペンギンアップデート対策に被リンク?!

seopro3t

>>公開は終了しました<<

googleが2012年に導入したペンギンアップデートパンダアップデート
泣かされたネットビジネス関係者は少なくありません。

アダルトサイトのアクセス交換であったり、メルマガやPPC、SNSといった
具合に、SEOに頼らない集客ができていれば、googleが何をしようが全くと
言っていいほど影響は受けません。

しかし、現実問題として、このような状況を作り出せている人は少数であり
程度問題は別としても検索エンジンによる影響を逃れることは出来ない状況
です。

パンダアップデートの方は、別サイトからコピーしてきたり、機械的に増殖
させるのではなく、オリジナルコンテンツを充実させることで対処すること
は可能です。

その一方で、ペンギンアップデートは被リンクにペナルティを与えるもので
あり、主に、有料リンクや相互リンクによるリンクファームをターゲットに
しています。

しかし、googleのプレスリリースにあるような、有料リンクや相互リンクで
あれば無条件にペンギンアップデートに捕まるかというと、必ずしもそうで
はありません。

もちろん、有料リンクを安心して買いなさいという意味ではありませんが、
正確に物事を理解しておいたほうが、デマや噂に騙されたり振り回されると
いった余分な労力を使う必要がなくなる
わけです。

別にペンギンアップデートだけが被リンクによるペナルティではありません
し、googleスタッフが手作業で調べてペナルティを課す場合もありますので
ペンギン対策さえしていれば安心というわけでもないわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ