【トップMBA式面接合格術】まるで面接試験のカンニングペーパー?

topmba

appli02_red

就職活動や転職活動では当然のこと、学校受験や資格試験などでも面接
重視されるようになりました。

ペーパーテストの成績だけでは人材の優秀性を判断できない時代になった
からです。

面接も多様化しており、中途採用であっても、集団面接やグループディス
カッションなどを行う機会も増えています。

しかし、映像や音声、紙に書かれた問題を解くのと異なり、面接というの
は人間対人間で取り組みますから、口下手で内気な人にとっては、面接を
受けるだけでも、相当なプレッシャーになるでしょう。

もちろん、人見知りの経験が全くないという人でも面接試験では緊張する
ものですが、日常生活で人に会うだけで一苦労という人にとっては、地獄
にも近い
感覚ではないでしょうか。

面接試験で一度不合格になると、トラウマというか、「負け癖」といった
具合に悪い癖がつきやすい傾向があることから、なかなか改善することが
難しくなってしまいがちです。

そこで役立つのが、トップMBA式面接合格術です。

MBAという言葉を見ただけで難しいなどと思う人もいるかもしれませんが
本当に難しければ、わざわざマスターしようと考える人もいないでしょう
から、それほど心配する必要もありません。

なぜならば、あらかじめ、面接官が求めている答えをあなたが知っている
ような状態になるからです。

つまり、カンニングペーパーを堂々と見ながら試験に取り組んでも良いと
言った状況になる
わけです。

すでに正しい答えを知った状態で、答えを口に出して言えばいいわけです
から、どれほど簡単なことかは説明するまでもないでしょう。

実際に、あなたが思っているよりも、簡単に面接試験が通過できるように
なりますので、トップMBA式面接合格術の効果の高さは、多くの実践者が
証明
しています。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ