【南部式雑誌せどりノウハウ】稼げない「せどり」は今日で終わり!

magasedo

>>公開は終了しました<<

せどりで一般的な古本の利益率は、平均15%だと言われています。

つまり、ブックオフなどに日参し、せどらー同士で争奪戦を繰り広げて
苦労して仕入れた古本をamazonマーケットプレイスなどに出品すると
100万円の売上でも、税引前で15万円の利益にしかならないのです。

仕入れや出品、配送に費やした時間を時給換算すると、あまりの安さに
泣きたくなってくるという人もいるでしょう。

所得税や住民税、社会保険などの費用を差し引くと、100万円程度では
大したことはありませんが、会社員の副業としては中途半端な金額で、
重税感を強く感じるだけという結果に終わるのです。

一方、南部式雑誌せどりノウハウを開発した南部さんは、同じせどりを
行なっているのにも関わらず、利益率が根本的に違います。

平均して利益率が70%を超えることは珍しくありません。
限りなく100%に近い利益率を叩きだすケースも多いと言います。

しかし、このような稼ぎ方が出来るのは、南部さんのように極めて限ら
れているのではないか
と疑いたくなるのも当然でしょう。

目利き力、つまり、リサーチが十分にできなければ、このようなことは
無理ではないか
と思うのは極めて自然です。

だからこそ、せどりツールなどを駆使することで、高値で売れる商品を
安く仕入れようと思う人が多く、効率よく探せるツールが人気になって
いるわけです。

そこで役立つのが、あなたの知識です。

無趣味な人でも、他の人と比べて知識を多く持っている分野というのは
ありませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ