暗記一辺倒ではマスターできない!プロ占い師が明かすタロット占いの極意

tarrot

appli02_red

タロット占いは難しい

と、一度でも学習した人であれば実感できるのではないでしょうか。

大アルカナ78枚はもちろんのこと、小アルカナ56枚で占いをするにしても、
個々のタロットの意味を覚えるだけで一苦労ですが、リーディングでは更に
苦労を強いられます。

例えば、矛盾した意味を持ったタロットが出てきた時には、どのように読み
解けばいいのでしょうか?

多くのタロット解説書では、経験を積むことによって自動的に読み解けると
いった無責任な言葉が並んでいることも珍しくありませんし、タロット占い
師でも、うまく説明できない人が少なくありません。

タロット占いを専門に扱う人でも、矛盾した意味を持つタロットが出た時の
リーディングに頭を悩ませたり、相談内容との整合性を取るためには、どう
すればいいのか困ることも珍しくない
といいます。

このようなタロット占い師にお金を払って占ってもらうお客さんからすれば
悲劇でしかないでしょうが、現実とはこういうものです。

さて、茂内重幸さんはタロット占いの経験が30年以上というベテランですが
いろいろと試行錯誤した結果、独自のタロットリーディング法を編み出す事
に成功した
と言います。

当たり前すぎることですが、タロット占いには「霊感」や「センス」は必要
ありません。

めくったタロットをきちんとリーディング出来れば、自然と答えは出てくる
わけですから、センスを磨くなどといって意味不明なことをするのであれば
タロットリーディングを身につけることに注力しましょう。

茂内さんが指導をするタロット講座でも、多くの生徒達が頭を悩ませていた
リーディングの問題を解決できたと言いますから、その効果の高さは折り紙
つきです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ