【Affiliate Friends】トップアフィリエイターと同ハンで戦う条件をゲット!

af

>>公開は終了しました<<

毎月何千万円、何億円も稼ぐトップアフィリエイターと、月5000円も稼ぐ
ことができないヘナチョコアフィリエイターでは何が違うのでしょうか?

結論から言えば、何もかも違うというわけですが、それでは全く答えにも
ならないので具体的に見て行きましょう。

まずは、作業量です。

組織で取り組むのと個人で取り組むのとでは、同じ時間で行える作業量に
大きな差が生まれますから、時間がたつほどに差が広がっていきます。

次に、投資できる資金です。

最近では、初期投資を行なって赤字覚悟で進めていくアフィリエイターも
増えていますが、1円も出費せずに稼ぎたいという人は多くいます。

お金をかければ外注も雇えますし、PPC広告が出せたり、コンテンツ削除
が理不尽に行われることが少ないレンタルサーバーを借りることもできる
でしょう。

また、中古ドメインやメールサーバーなど、お金をかけるところは数多く
あります。

それ以外に理不尽だと感じる人が多いのが、同じ成果を上げても大きな差
が出る
のです。

トップアフィリエイターが、通常より高い個別報酬がつくのは珍しくなく
さらには成約条件が緩和されるケースも少なくありません。

例えば、クレジットカードの場合、通常のケースだとカード発行で成約に
なりますが、トップアフィリエイター向けの優遇条件だと、申込した時点
で成約という具合に、成約条件が緩和されるのです。

ASPや広告主からしても、ある程度の件数を稼ぎだす人だから、成約率等
から逆算して優遇しても問題ないといった計算がはたらくだろうとは思い
ますが、底辺層アフィリエイターからすれば

フザケルナ

とでも、言いたくなるのではありませんか?

その他にも、トップアフィリエイターに対しては、ASPに担当営業がつく
ことが一般的で、一般公開していないアフィリ案件や、これから流行する
ことが期待される案件などを教えてもらえるのです。

なんというエコヒイキだ!

と怒り心頭かもしれませんが、ASPに文句を言ってもムダです。

売れないお店と繁盛店とでは、メーカーはどちらを優遇するかを考えれば
答えは自ずから明らかになるものです。

しかし、トップアフィリエイターにならなくてもトップアフィリエイター
と同条件になれる会員組織
があったら参加したくなりませんか?

それが、Affiliate Friendsです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ