【再就職支援プログラム】転職活動を就活と同じように思っていませんか?

tenrire

appli02_red

第2新卒であればまだしも、転職活動を大学や高校、専門学校時代の就職
活動と同じように行なっていても、内定が出ることはないでしょう。

新卒と転職では、採用側が評価するポイントが全く異なるからです。

一言で言えば、「新卒は意欲、転職は実績」という違いです。

新卒採用では提出のしようがないが、転職では必ず必要になる職務経歴書
をはじめとして、履歴書やエントリーシートの書き方一つをとっても違い
があるものです。

このため、転職活動を就職活動と同じように行なっていると、落とし穴に
落ちてしまう
といったことにもなりかねません。

面接に進むことができずに、書類選考で落とされるケースが続いていると
いった場合には、履歴書や職務経歴書、その他、採用する側の企業が必要
とする書類の内容を再度見なおしたほうがいいでしょう。

不採用通知を出した企業は、書類の何が悪かったのか説明することはあり
ません。

「ご縁がありませんでした」という紙切れであったり、電話で済ませると
いったケースが一般的です。

このため、何をどう改善すればいいのか、さっぱり検討もつかないままに
同じような書類を作成しては応募して、不採用といった悪循環を繰り返す

ことにもなりかねません。

そこで役立つのが、再就職支援プログラムという名前のマニュアルです。
転職支援サービスではありませんので、間違えないようにしてください。

転職活動でつまづきやすいポイントに絞って、今すぐ使えるように項目を
整理した即戦力のマニュアルです。

転職するにあたって、能力や小手先のテクニックは関係ありません。
裏ワザなどといったものは論外です。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ