【新聞広告集客塾】ネット広告よりも安価に高い効果が得られる!

nakamura

>>公開は終了しました<<

ネット広告は、安価な上に高い効果が得られると言われますし、市場は右肩
上がりに伸びています。

その一方、既存の広告メディアは右肩下がりで低下しており、ダンピングを
しても広告が埋まらない
といった状況のところも少なくありません。

広告代理店などの中には、倒産したり廃業するケースも増えています。

だからといって、すべての広告がインターネットに出せばいいというわけで
はありません。

チラシをネット上に掲載しているスーパーもありますが、従来と変わらずに
折込広告なども配布しています。

あくまでも数多く存在する広告媒体の一つとして、ネット広告を活用すれば
いいわけであって、ネットを使えば必ず成功するなどといった「神話」など
は妄想でしかありません。

そういう意味では、従来の広告媒体も「古い」という一言で切り捨てるには
非常に勿体無い
わけです。

日常生活でインターネットを最大限活用しているのであれば、ついつい盲点
になりやすいことですが、特に中高年をターゲットにした広告宣伝をしたい
場合には、今でも、オールドメディアの効果は強いものがあります。

その中でも、新聞と同時に配達される折込チラシではなく、新聞本紙に掲載
される新聞広告は、全国紙よりも地方紙、全面広告よりも一部広告のほうが
割安になります。

あなたの知っている新聞社の広告担当部門に電話をして、掲載費用を聞いて
みると、意外に安いことに驚くのではないでしょうか?

新聞社のWebサイトなどにも掲載されている場合がありますので、チェック
してみるには最適です。

その上、新聞広告の効果は、値段以上にパワフルです。

たとえ、葉書サイズの小さな広告であっても、購買意欲の高い新規客を集客
したり、商品を販売する事ができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ