【5分でわかる面接官のルール】無料で分かる採用側の裏側

mensetu

appli02_red

就活生からすれば、採用担当者が、閻魔大王や全知全能の神のような存在に
思えるかもしれませんが、採用を担当する側からしても、どのような学生に
内定を出せばいいのか困っているものです。

大企業であれば、人事部などの組織がしっかりしているだけでなく、研修や
外部の人事コンサルタントなどを雇って採用計画を作り上げ、明確な方針に
従った採用活動ができますが、中小零細企業では無理でしょう。

大企業のグループ企業など、親会社に採用を丸投げできる企業でなければ、
特にオーナー企業などでは、経営者や役員などの好みで採用・不採用を決め
るといったケースも珍しくありません。

その結果、採用基準が個人に依存することになるわけですから、思い通りの
人材が得られなかったりすることも珍しくないでしょう。

それ以前に、優秀な人材は大企業に全て取られてしまうので、誰をとっても
同じようなものだといった気分もあるかもしれませんが、一人採用するだけ
でも、人的コストはバカにはなりません。

ブラック企業のように、誰でもできる仕事を、何年も勤務して昇給する前に
自主退職に追い込むのがビジネススタイルだというのであれば、さまざまな
妄想を就活生に抱かせる採用活動を行えば山のように採用できるでしょう。

その後、社員をやめさせるように、業務で詰めていけばいいわけです。

あなたの会社の採用活動に対するスタンスによっても異なりますが、すぐに
離職しないような新入社員を雇いたいと思っているのであれば、それなりの
採用活動をしないといけません。

その秘訣を無料で知ることができます。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ