弱小零細劇団・演劇などの集客なら劇場集客メソッド【真】

shukyaku

>>公開は終了しました<<

大手の劇団であれば、劇団員のスキルを高めたり、良質な脚本を用意する
ことは当然として、必ずといっていいほど、マーケティングに力を入れて
います。

素晴らしい演劇や舞台を行うことを効果的に広報することによって、集客
できるかどうかが決まる
からです。

演劇評論家や劇場の管理者には、高い評価を受けた舞台や演劇、芝居だと
しても、その存在を知っている人がいなければ、劇場が満席になることは
ありえません。

中には、宣伝すること自体が時間の無駄であり、演技を見た観客の口コミ
による集客を期待すればいいという向きもありますが、噂が噂を呼ぶ前に
金銭面での問題で消滅する可能性のほうが高いわけです。

口コミ自体は、お客様が来なければ広まりません。
お客様が来ないうちから口コミと言っている時点で、本末転倒です。

演劇や舞台、芝居にかぎらず、この点を勘違いしている人が多いのです。
日本人特有の現象というわけではなく、他の国でも似たり寄ったりです。

だからこそ、大手の劇団などでは、宣伝・広報担当者を置くわけです。
アピールしなければ集客できないことを知っているからです。

もちろん、あなたが所属している劇団などでも、宣伝や広報などは行って
いるでしょう。

チラシを作って配布したり、ミニコミ誌や専門誌に掲載してもらえるよう
お願いをしているでしょうし、ブログやSNSなどで案内を出して、電話や
メールなどを使った個別勧誘も行っていると思います。

しかし、手間と時間をかけた割には、効果が乏しいのではありませんか?

マーケティングのノウハウを知らずに集客しようと思っても、うまくいか
ないのは当然でしょう。

劇場に集客する方法を知っている人が身近に入れば別ですが、このような
恵まれた環境にある劇団は少数です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ