【次世代ひとり出版流通マニュアル】自費出版や電子書籍ではない企画出版ができる

hitoris

>>公開は終了しました<<

作家になることは難しいものです。

同人誌レベルであれば、原稿を製本すれば完成ですが、コミケなどに出すの
でなければ、単に本を作ったというだけの話でしかありません。

自費出版専門の会社もありますが、高額な費用がかかることが一般的である
だけでなく、流通ルートにのりませんから、書店で売られることもないわけ
です。

あくまでも、出版流通にのせて、本を販売したいと思っているのであれば、
かつては相当なハードルがありました。

出版社が相手にしなければ、商業出版への道が閉ざされていたからです。

出版社からすれば、ある程度の数が売れなければ赤字になりますから、ただ
でさえ出版不況が続いている状況では、原稿を持ち込んだところで、相手に
してくれる可能性は非常に低いでしょう。

どこかの出版コンテストで入賞した作品を、事前に某出版社に持ち込んだら
まともに相手にされることもなく追い出されたといった、嘘か本当か不明な
都市伝説のような話もあったりします。

また、電子書籍という形を取ることによって、個人が自費出版では考えられ
ない位に安価に出版することも可能になりました。

ノウハウやテクニックが学べる情報商材であったり、携帯小説やコミックが
有名ですね。

しかし、作家と呼ばれるためには、やはりハードカバーやソフトカバーなど
紙の「書籍」として売りたいという気持ちが強いのではありませんか?

そこで、アマゾンを使うことで4万円弱の費用で、商業出版が可能になると
いうのが、次世代ひとり出版流通マニュアルです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ