【上司操縦法】媚びればいいわけじゃない!評価アップの秘訣がわかる

jousi

appli02_red

ブラック企業だと、社員は使い捨ての消耗品だとしか思っていませんので
どれだけ頑張った所で出世することもありませんし、数年後にはリストラ
されるだけですから、できれば早々と辞めた方がいいでしょう。

入社半年後の定着率が半分を割っているような会社は、経営者との相性が
よほど良くなければ、文字通りの「コマ扱い」しかされません。

努力するだけ時間の無駄ですし、精神的に病む結果に終わるでしょう。

経営側も自己退職するよう、社員を精神疾患にするように仕向けますので
退職後も後遺症が続くことを考えると、早めに見切りをつけたほうが無難
です。

そのようなブラック企業でなければ、情緒人事の多いオーナー企業だった
り、外資のように明確な評価基準によって人事評価が決まるなどの違いは
あるにしても、上司による査定というのは重要視されるものです。

年功序列は崩れていく一方ですから、上司からの評価次第で、給料の高低
や、出世できるかどうか決まることが一般的になりました。

このため、変に上司に媚を売って昇給や出世しようと企む人も増えている
わけですが、他人の手柄を横取りしてまで「成果」と言い切って出世した
人たちが無能ぶりをさらけ出している状況は、今の会社ではよく見かける
光景です。

その結果、会社が倒産したり、大規模やリストラで追い出されるケースも
増えていますが、あなたの人生において、今日や明日の時点で何ら変わる
わけではありません。

部下の好き嫌いが激しく、情緒的な評価を露骨に行う人が上司だとしても
会社組織では逃れることができない
のです。

嫌なら会社をやめるか、人事異動を待つしか無いというわけです。

人事異動が乏しい会社なら、無能な上司から逃れることは諦めるしかない
でしょう。

それならば、上司操縦法を用いて、どのようなタイプの上司でも好かれる
ようになりませんか?

コーチングやNLPなどを駆使して、コミュニケーションを改善する方法を
具体的に学ぶことができます。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ